東京にて詠める

2016年7月30日 (土)

京菜味のむらにて

京菜味のむらにて

都にて
故郷思う
菜の花の
香りこの身に
染み渡る時

2015年10月 2日 (金)

明治神宮球場の月

明治神宮球場の月

名前こそ
知らぬ今宵の
月なれど
どの月よりも
我に優しき

2014年6月 1日 (日)

以前は東京に通い、今は京都に住む

新幹線の車内にて

車窓から
ビルの並びを
確かめる
かつては馴れし
品川の駅

2014年1月13日 (月)

みすゞかる

みすゞかる
信濃国は
善光寺
犀の川ある
浄土への道

2013年12月24日 (火)

JR品川駅にて

「品川に

新幹線が停まるのは

余計」と言いし

あの人思う

東京の街は江戸時代からは明治、大正期には両国や浅草など、下総国側が発展しましたが、戦後は新宿の闇市に始まり、東側には土地がもうないということで、渋谷や新宿といった西側の街が発展しています。西側の街に行くなら品川駅で降りた方が便利です。品川駅に新幹線が停まるのは余計だと言った人はどういうつもりで発言したのか気になります。

2013年8月26日 (月)

嗚呼、近藤勇

嗚呼、近藤勇

背中には
浅葱の色の
リュック負い
近藤局長
弔いにけり

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

詳細プロフィール