« 仮の制度としての「1+1=2」 | トップページ | よくわからない歌詞(1) 「サザエさん」 »

2006年6月25日 (日)

土佐山内家と三菱グループ

大河ドラマ「功名が辻」で、主人公である山内一豊の家紋の話が出て来たが、あの家紋(三つ葉柏)は現在でも形を変えて、非常に有名になっている。土佐藩出身の岩崎弥太郎が興した三菱の商標がそれで、三菱のマークは岩崎の主君である山内氏の三つ葉柏をシンプル化したものだ。

三菱鉛筆という会社がある。三菱グループと同じ商標を持つ会社であるが、実は三菱グループではなく、それどころか縁もゆかりもない会社だ。三菱のマークを使い始めたのは三菱鉛筆の方が先であり、天下の三菱グループ(当時は三菱財閥)もさすがに抗議も手出しも出来なかったようである。

|

« 仮の制度としての「1+1=2」 | トップページ | よくわからない歌詞(1) 「サザエさん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐山内家と三菱グループ:

« 仮の制度としての「1+1=2」 | トップページ | よくわからない歌詞(1) 「サザエさん」 »