« 懲りないシンドラー社 | トップページ | ポイント・オブ・ノーリターン »

2006年7月 1日 (土)

「虹とスニーカーの頃」から30年近く経って

1979年にチューリップの財津和夫は、“わがままは男の罪 それを許さないのは女の罪”と歌った。

それから27年が経ち、今では、“わがままは女の罪 それを許しちゃうのが男の罪”とした方がより現実に近い状況になった。
女は強くなり、男は優しくなった、と前向きに捉えることにしようか。

|

« 懲りないシンドラー社 | トップページ | ポイント・オブ・ノーリターン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「虹とスニーカーの頃」から30年近く経って:

« 懲りないシンドラー社 | トップページ | ポイント・オブ・ノーリターン »