« 光あれば影あり | トップページ | 秋分の日 »

2006年9月20日 (水)

ベスト・オブ・ヘンリー・マンシーニ

Mancini 1924年4月16日、アメリカ・オハイオ州クリーヴランドに生まれ、1994年6月14日にカリフォルニア州ビバリーヒルズで亡くなった映画音楽の巨匠、ヘンリー・マンシーニの代表作を集めたCDを紹介します。BMGのベスト・オブ・ベストシリーズの一枚で、「ピーター・ガン」、「ムーン・リバー」(『ティファニーで朝食を』)、「子象の行進」(『ハタリ!』)、「酒とバラの日々」、「シャレード」、「ピンクパンサー」、「暗くなるまで待って」、「ひまわり」など、有名なマンシーニ作品の他に、ヘンリー・マンシーニ楽団の演奏による、「ロミオとジュリエット」(ニーノ・ロータ)、「ある愛の詩」(フランシス・レイ)、「おもいでの夏」(ミシェル・ルグラン)など、世界を代表する映画音楽作曲家の作品も収録。

マンシーニ作品はとにかくわかりやすく馴染みやすい旋律が特徴。甘い雰囲気を好きになれない人がいるかも知れませんが、メロディーの美しさは特筆ものです。

美しいメロディーを書く秘訣を訊かれたマンシーニは「映画の主演女優さんの顔を思い浮かべるんです。美しい女性の顔を思い浮かべると、自然に美しいメロディーが湧いてきます」と答えていましたが、確かに世界の名女優の美貌に負けないほどの美しい旋律をマンシーニはいくつも生み出しました。

画像の添え物に過ぎなかった映画音楽を、「映画の成功の3分の1は音楽で決まる」という評価にまで高めた作曲家の一人、ヘンリー・マンシーニの偉大なのに親しみやすいミュージックを存分に味わうことが出来るCDです。

Henry Mancini/Best Of

|

« 光あれば影あり | トップページ | 秋分の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベスト・オブ・ヘンリー・マンシーニ:

» 映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。 [映画 DVD 気ままなブログ]
日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています〜よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。 [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 20時59分

» 年上の女性へのあこがれ、思春期の意識過剰! [輝ける映画のときめき]
1942年夏。第2次大戦の戦火を背後にした思春期の少年と、夫を出征させている女性の短くも淡い、一瞬の夏…… [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 08時10分

« 光あれば影あり | トップページ | 秋分の日 »