« 男心と秋の空 | トップページ | 頑張れスワローズ »

2006年9月11日 (月)

観劇公演パンフレット(1) 「噂の男」

噂の男 私が買った演劇公演のパンフレットを紹介します。私はよっぽど気に入った公演か、どうしてもその公演の詳細な情報が欲しい時以外は基本的に演劇公演のパンフレットを買うことはないので、数は少ないのですが、とにかく紹介してきます。

まずは一番最近買ったものから。福島三郎:作、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(ケラ):潤色・演出による公演「噂の男」のパンフレットです。「男」の文字の下の方が切れていますが、そういうパンフレットです。

出演は、堺雅人、橋本じゅん、橋本たかし、八嶋智人、山内圭哉ほか。

「噂の男」は作の福島三郎よりも、潤色・演出を担当したケラの近年の作風がより前面に出た公演で、暴力、殺人といった重い展開に笑いを絡ませていく作品でした。救いのないブラックなラストを迎えます。堺雅人と橋本じゅんは同一人物の12年前と現在の姿を交互に演じ分けるのですが、切り替えはさすがに見事です。
演芸場の袖が舞台であり、演芸場のステージと客席(本物の客席からは見えない)からは笑い声が漏れてくるのですが、笑いの場所のすぐそばで陰惨なドラマが行われることによって、「笑いの残酷さ」と「笑いの陰の残酷さ」を炙りだしています。

パンフレットには作、演出へのインタビューと、出演者達へのQ&A。出演者達と演劇以外の分野で活躍する人達との対談等が収録されています。

大阪のシアター・ドラマシティにて購入。

「噂の男」の感想 『猫町通り通信』より

大阪へ。シアター・ドラマシティで、『噂の男』を観る。作:福島三郎、潤色・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ(ケラ)、出演は、堺雅人、山内圭哉、八嶋智人、橋本じゅん、橋本さとし他。
キャッチコピーは「イヤーな男達によるイヤーな芝居」である。

本当にイヤーな人が次から次へと出て来てイヤーなことをする。基本的にはダークな芝居であるが、ダークな中にも笑いの要素をふんだんに採り入れ、あるいはダークな笑いを繰り出していく。

舞台は大阪のとある演芸場の舞台袖。昭和22年に出来た演芸場であり、かなりガタが来ている。12年前の1994年に演芸場のボイラー室で事故があり、漫才師が一人事故死した。亡くなったのは「パンストキッチン」というお笑いコンビの一人、アキラ(橋本さとし)。その十三回忌にあたるこの日、ボイラー室の点検に加藤(八嶋智人)がやってくる。実は加藤にはある企みがあった…。

2006年の夏と1994年の夏という時間差のあるストーリーが交互に語られる。1994年当時は「パンストキッチン」のマネージャーをしていた鈴木(堺雅人)が今では演芸場の支配人になっている。テレビに出る売れっ子のボンちゃん(山内圭哉)は、夫婦お笑いコンビの妻(水野顕子)とボイラー室で情交に耽っている。夫(猪岐英人)はそれを知りつつ何もいえない。12年前のボイラー室の事故で亡くなったアキラは幽霊になって舞台袖に留まっている。幽霊になったアキラの姿が見えるのは鈴木一人だけで…。

「笑えるが重い」というのが最近のケラ作品の特徴であるが、『噂の男』はその特徴が極めて強く出た作品になっている。流血、暴力、殺人などが次々に起こる。この手の作品は私は好きではないが、それでも感服した。後味の良い芝居ではないが、手応えと見応えがあった。

終演後、客席はほぼオールスタンディングオベーションとなる。私もかなり早い時点で立った。熱い観客が多いことで知られる大阪だが、シアター・ドラマシティがオールスタンディングの状態になったのは久しぶりに見る(4年ぶりだろうか)。
きわもの的要素も多いが完成度は高く、終演後のオールスタンディングも当然と思えるほどの優れた舞台であった。

|

« 男心と秋の空 | トップページ | 頑張れスワローズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観劇公演パンフレット(1) 「噂の男」:

« 男心と秋の空 | トップページ | 頑張れスワローズ »