« 奇妙な果実 | トップページ | 好きな短歌(5) »

2006年10月30日 (月)

グレン・グールド 「モーツァルト ピアノ・ソナタ集」

グレン・グールド 「モーツァルト ピアノ・ソナタ集」 カナダが生んだ20世紀最高の天才ピアニストの一人、グレン・グールドが残した「モーツァルト ピアノ・ソナタ集」(ソニー・クラシカル)を紹介します。
グールドはモーツァルトのピアノソナタ全集を完成させていますが、これはその中から有名曲を中心に6曲をセレクトしたCDで、国内盤の「ソニー・ベスト・クラシックス100」の中に収められています。

このCDの中で一番凄いのは、ピアノ・ソナタ第8番K.310。嵐のような冒頭から他のピアニストの演奏とはまるで違い、聴く者はグールドとモーツァルトの疾駆する情熱に巻き込まれてしまいます。

お馴染みのピアノ・ソナタ第11番「トルコ行進曲付き」K.331も異色の名演。第3楽章の「トルコ行進曲」はトルコ軍の雄壮な進軍ではなく、おもちゃの兵隊の行進のように愛らしいもの。グールドの創造力に驚嘆させられます。

いわゆるオーソドックスな演奏ではありませんが、グールドという鬼才がモーツァルトという天才の「不可視であった部分」に光を当て、解読に成功した希有な演奏として座右に置いておきたいCDです。

モーツァルト/Piano Sonata.8 10 11 12 13: Gould

|

« 奇妙な果実 | トップページ | 好きな短歌(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/12492973

この記事へのトラックバック一覧です: グレン・グールド 「モーツァルト ピアノ・ソナタ集」:

« 奇妙な果実 | トップページ | 好きな短歌(5) »