« それはあたかも日蝕のようだった | トップページ | 好きな短歌(4) »

2006年10月28日 (土)

鼻白む

誰もが知っていることを自分だけが知っているかのように得意げに話されて鼻白む。

日本語として合っていることを間違っていると勘違いしている人を見て鼻白む。

基礎的な知識もない人が世の中を熟知しているかのように言うのを聞いて鼻白む。

こちらが呆れて適当に相づちを打ったことを「同意した」と勘違いする人を見て鼻白む。

年齢に比べてあまりにも幼稚なことを隠そうとしない人を見て鼻白む。

鼻白むという言葉でなくてもっとストレートな言葉を使いたいのに使えない自分に鼻白む。

|

« それはあたかも日蝕のようだった | トップページ | 好きな短歌(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼻白む:

« それはあたかも日蝕のようだった | トップページ | 好きな短歌(4) »