« カリンニコフ 交響曲第1番&第2番 テオドル・クチャル指揮ウクライナ国立交響楽団 | トップページ | 好きな短歌(3) »

2006年10月16日 (月)

千里馬常有

而伯楽不常有。

ということで、人を育てるのは、己を成長させるよりも難しい。

教師の不祥事が次々露見しているが、これまでの経験からみても教師という職業には問題を抱えた人が多いので、今になって急に質が低下したというわけでもないだろう。

私が高校生の時に兵庫県で「校門圧死事件」があった。女子生徒を死に至らしめてしまった教師の想像力の乏しさに激しい怒りを覚えたが、当時、私が通っていた高校の教師にも同程度の想像力しか持ち合わせていない教師は何人かいたから、「起こるべくして起こった事故」だとも思えた。

勉強が出来るから教師を選んだ、何となく選んだ(教師はかっては「教師でもやるしかないか」、「教師しかなれそうもない」という人がなることが多かったので「でもしか業」と呼ばれていた)という人が良い教師になる可能性はやはり低い。高学歴(正確には学歴ではなく学校歴だが)な教師ほど想像力に欠ける傾向があったが、想像力を使わなくても教師にはなれるし、皮肉なことだが「普通に勉強が出来た人」は窮地に追いつめられて色々考えなくては切り抜けられない、という状況にはなかなか至らないので、「頭が良いから頭をフルに使う必要がない」まま大人になり、教師になるという道筋をたどる人は案外多いと思われる。

ただこれは教育という現場だけに限ったことではない。社会のあらゆる場所で同様のケースは起こっているものと思われる。

「名選手必ずしも名監督ならず」という言葉があるが、名選手は高度なことが普通に出来てしまうため教えるのが下手という一面がある。

これは例えば体操などに顕著なようで、ロスアンゼルス・オリンピックで金メダルを獲得した森末慎二氏は、「名選手はコーチになれない。自分がやっていることは無意識に出来てしまうことなので、他人に口で説明出来ない」という旨の発言をしている。確かに体操の技を口で説明するのは難しい。努力を積み重ねて出来るようになっていったという選手ならその過程を知っているので説明できるだろう。しかし、他人の技を見て、「じゃ俺も」という感じでやったら出来てしまったという選手は、自分でもなぜ出来るのかわからないので他者に教えることは無理だろう。

5W1Hを常に頭に置くことで対応力と思考力は養われる。しかし、思考という過程を経ずに「なってしまった。なれてしまった。出来てしまった」人は名伯楽には絶対になれない。

|

« カリンニコフ 交響曲第1番&第2番 テオドル・クチャル指揮ウクライナ国立交響楽団 | トップページ | 好きな短歌(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/12312881

この記事へのトラックバック一覧です: 千里馬常有:

« カリンニコフ 交響曲第1番&第2番 テオドル・クチャル指揮ウクライナ国立交響楽団 | トップページ | 好きな短歌(3) »