« 好きな短歌(6) | トップページ | マイケル・ナイマン 「ピアノ・レッスン」オリジナル・サウンドトラック »

2006年11月10日 (金)

書割

下の者が更に下の者を叩き、下がどんどん弱体化していくのを上が笑って見ている。
社会の構図自体が江戸時代と全く変わらない。維新も改革も外枠を変えただけで中身は完全にそのまま。

まるで書割のようだ。書割の美は書割の美で良いが、それを誇るならそんな「美」は犬にでも喰われたほうが良い。

|

« 好きな短歌(6) | トップページ | マイケル・ナイマン 「ピアノ・レッスン」オリジナル・サウンドトラック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書割:

« 好きな短歌(6) | トップページ | マイケル・ナイマン 「ピアノ・レッスン」オリジナル・サウンドトラック »