« 観劇公演パンフレット(3) 「謎の変奏曲」 | トップページ | 消しゴムを買った »

2006年11月 7日 (火)

北山時雨

京都の晩秋の風物詩である北山時雨。北山の方からやって来る通り雨のことである。晩秋から冬にかけて日本海側に荒天をもたらす雪雲は日本列島の中心部を横断する山脈や山地によって遮られ、南側には影響しないことが多いのだが、京都の場合は北側の山が低いので雲を完全に抑えることが出来ずに時雨となるのである。

以前、「男心と秋の空」の「秋の空」とは京都の秋の空だという記事を載せたが、京都の変わりやすい秋の天気は、この北山時雨によるところが多いとされる。

|

« 観劇公演パンフレット(3) 「謎の変奏曲」 | トップページ | 消しゴムを買った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/12586512

この記事へのトラックバック一覧です: 北山時雨:

« 観劇公演パンフレット(3) 「謎の変奏曲」 | トップページ | 消しゴムを買った »