« 観劇感想精選(10) sekai☆ichi☆dan(現:Sunday) 「七人の小人と大事なテーブル」 | トップページ | 人間とは »

2007年5月 9日 (水)

自分のいない風景

あらゆる事象および現象について語るとき、自分のいない風景を見てしまっていることに時折気付く。自分のいない世界について述べている人が多いようにも感じる。
本当は自分もいるべきはずの風景についての話なのに。

なぜか?

あるいはそれは内外の「世界」と本当の意味で対峙していないということなのか。

または「世界」は「ない」ということを無意識に自覚しているからなのか。

それとも語っている言葉が本当に「私」のものではないからなのか。

|

« 観劇感想精選(10) sekai☆ichi☆dan(現:Sunday) 「七人の小人と大事なテーブル」 | トップページ | 人間とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分のいない風景:

« 観劇感想精選(10) sekai☆ichi☆dan(現:Sunday) 「七人の小人と大事なテーブル」 | トップページ | 人間とは »