« 観劇感想精選(14) 「もとの黙阿弥 浅草七軒界隈」 | トップページ | 一目惚れ »

2007年6月25日 (月)

ポップな香港映画の嚆矢 『恋する惑星』

王家衛(ウォン・カーウァイ)監督の『恋する惑星』を紹介します。1994年制作、1995年日本公開。私はロードショー時に、東京の銀座テアトル西友(現:銀座テアトルシネマ)に通って何度も観ています。

『恋する惑星』DVDジャケット

上がDVDジャケット。現在、DVDで出ているものは王家衛監督が編集し直した香港版でこれが最終決定版です。ただ日本でロードショーされた時はDVDに収録されたものより8分ほど長いインターナショナルバージョンでした。

下にあるのが銀座テアトル西友で買った、映画のパンフレットです。

映画『恋する惑星』パンフレット表紙はDVDジャケットと全く同じ写真が使われているので、裏表紙をスキャンしてみました。
映画パンフレットというと大して内容のないものも多いのですが、『恋する惑星』のパンフレットは、日本語版シナリオも収録されており、読み応え十分です。

王家衛監督が注目を集めたのは、レスリー・チャンらが出演した『欲望の翼』(1990年制作)ですが、世界的な評価を勝ち得たのが本作品『恋する惑星』。原題は『重慶森林』。重慶とは中国の重慶市ではなく、香港にある重慶大廈(チョンキンマンション)のこと。映画にも出てきますが、インド系移民が多く住んでおり、一種の無法地帯と化している香港で最も危険な場所の一つです。この映画は重慶マンション一帯を舞台にしていますが、当然ながら撮影許可は下りなかったため、ほぼ全編無許可のゲリラ撮影が敢行されました。

また『重慶森林』は村上春樹の小説『ノルウェイの森』に影響されたタイトルでもあります。1990年代、香港では村上春樹の小説がブームとなり、村上春樹の小説の登場人物のような話し方をする若者が増えたこともありました(村上春樹の小説のファンや村上春樹に影響を受けた若者はハルキ族と呼ばれた。王家衛監督も自他共に認めるハルキ族の一人である)。この映画でも、金城武やトニー・レオンが思いっきり村上春樹風のモノローグを語っています。

出演:金城武、ブリジット・リン、フェイ・ウォン、トニー・レオンほか。撮影:クリストファー・ドイル(杜可風)ほか。

一瞬の恋を描いた前編と、奇妙な女と鈍い男を描いた後編から成る連作。「恋愛映画」の既成概念を覆す斬新な一本です。

Movie/恋する惑星(Rmt)

|

« 観劇感想精選(14) 「もとの黙阿弥 浅草七軒界隈」 | トップページ | 一目惚れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/15556613

この記事へのトラックバック一覧です: ポップな香港映画の嚆矢 『恋する惑星』:

« 観劇感想精選(14) 「もとの黙阿弥 浅草七軒界隈」 | トップページ | 一目惚れ »