« 太田省吾の著作(6) エッセイ集『なにもかもなくしてみる』 | トップページ | 太田省吾関連書籍(2) 扇田昭彦:編 『劇談』 »

2007年7月15日 (日)

太田省吾関連書籍(1) 21世紀文学の創造6『声と身体と場所』

21世紀文学の創造6『声と身体の場所』

岩波21世紀文学の創造6『声と身体の場所』 高橋康也:編 (太田省吾著「劇言語はどこにあるか」を収録。なお、「劇言語はどこにあるか」は『なにもかもなくしてみる』にも再収録されています)岩波書店

私が保有している、太田省吾関連の書籍をアップします。
なお、私は最晩年の太田省吾の素顔とその周辺を知っており、これらの書籍に関するコメントは公正を欠くことになるため控えさせていただきます。
太田省吾の著作に関する記事同様、太田省吾関連書籍に関しても、大変申し訳ないのですが、一切のコメントおよびトラックバックはお断りいたします。

|

« 太田省吾の著作(6) エッセイ集『なにもかもなくしてみる』 | トップページ | 太田省吾関連書籍(2) 扇田昭彦:編 『劇談』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太田省吾関連書籍(1) 21世紀文学の創造6『声と身体と場所』:

« 太田省吾の著作(6) エッセイ集『なにもかもなくしてみる』 | トップページ | 太田省吾関連書籍(2) 扇田昭彦:編 『劇談』 »