« 「なぜ」のない生き方は幸福だ | トップページ | YMO 『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』 »

2007年7月17日 (火)

好きな短歌(23)

韓衣(からころも)裾にとりつき泣く子らを置きてそ(ぞ)来(き)ぬや母(おも)なしにして 防人歌

白村江(はくすきのえ)の戦いに敗れた大和朝廷は、新羅と唐の侵攻に備え、九州に太宰府、水城(みずき)、大野城を築き、さらに防人を置いて警護に当たらせました。防人は義務であり、庶民は拒否することは出来ません。ということでこうした悲惨な状況も生まれることになったのです。悲しみが良く表れた歌です。

(韓衣<大陸風の衣装のこと>は「裾」、「着る」などの枕詞で、特に深い意味はありません)

|

« 「なぜ」のない生き方は幸福だ | トップページ | YMO 『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/15792430

この記事へのトラックバック一覧です: 好きな短歌(23):

« 「なぜ」のない生き方は幸福だ | トップページ | YMO 『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』 »