« 太田省吾関連書籍(5) 季刊「せりふの時代」2002年秋号 | トップページ | ミシェル・プラッソン指揮 ドビュッシー 3つの交響的素描「海」ほか »

2007年7月16日 (月)

リベラ・メ

Libera me, Domine, de morte aeterna
in die illa tremenda;
quando coeli movendi sunt et terra;
Dum veneris judicare saeculum per ignem.
Tremens factus sum ego et timeo,
dum discussio venerit,
atque ventura ira.
Dies illa, dies irae, calamitatis
[et miseriae; dies illa,
dies magna et amara valde.
Requiem aeternam dona eis, Domine,
et lux perpetua luceat eis.
Libera me, Domine.

日本語訳:川口義晴

われを解き放ち給え、主よ、永遠の死から、
かの恐るべき日に;
空が震え動く、地もまた。
さすれば主が劫火もて、人々を審判さばきに来給う日、
わたしは恐れ慄き、
なおも顫える、のちの審判に来たるべき怒りに。
この日こそ、怒りの日、禍いの、そして
[苦しみの日、
おおいなる、そして激しい苦悩の日。
永遠の安息を、主よ、かれらに与え給え、
絶えることなき光もて、かれらを照らし給え。
われを解き放ち給え、主よ。

「レクイエム」より“リベラ・メ”

|

« 太田省吾関連書籍(5) 季刊「せりふの時代」2002年秋号 | トップページ | ミシェル・プラッソン指揮 ドビュッシー 3つの交響的素描「海」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/15772453

この記事へのトラックバック一覧です: リベラ・メ:

« 太田省吾関連書籍(5) 季刊「せりふの時代」2002年秋号 | トップページ | ミシェル・プラッソン指揮 ドビュッシー 3つの交響的素描「海」ほか »