« 横浜の海(5) 港の見える丘公園から | トップページ | これまでに観た映画より(4) 小林正樹監督 「怪談」 »

2007年7月26日 (木)

祝 京都市交響楽団第12代常任指揮者就任 広上淳一 「運命」&「ジュピター」

広上淳一指揮日本フィル 「運命」&「ジュピター」 1958年生まれ、日本の中堅世代を代表する指揮者である広上淳一(ひろかみ・じゅんいち)が、2008年4月1日より、京都市交響楽団の第12代常任指揮者に就任することが正式に発表されました。

広上はここ最近はレコーディングに積極的でないので(広上のみならず、日本の中堅指揮者達はレコーディングに積極的でなかったり、録音する機会に恵まれていなかったりするのですが)、1997年の録音ですが、日本フィルハーモニー交響楽団(日フィル)を指揮した、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」と、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」のライブ盤を紹介します。日本フィルハーモニー交響楽団の自主制作。
ベートーヴェンが所沢市民文化センター・ミューズアークホールでの、モーツァルトがサントリーホールでの収録です。

ライブ録音ということで、音の分離が今一つなのが難点でありますが、広上は日フィルから輝かしい音を引き出しています。

ベートーヴェンの交響曲第5番は、スケールが大きく、特に第4楽章の爆発力が見事です。

「ジュピター」は、軽やかさには欠けるものの、これまたスケール雄大で、ジュピター=最高神の偉容を示したような演奏です。

Beethoven / Mozart/Sym.5 / .41: 広上淳一 / 日本po

|

« 横浜の海(5) 港の見える丘公園から | トップページ | これまでに観た映画より(4) 小林正樹監督 「怪談」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/15908268

この記事へのトラックバック一覧です: 祝 京都市交響楽団第12代常任指揮者就任 広上淳一 「運命」&「ジュピター」:

« 横浜の海(5) 港の見える丘公園から | トップページ | これまでに観た映画より(4) 小林正樹監督 「怪談」 »