« 好きな短歌(23) | トップページ | スザンヌ・ヴェガ 『孤独(ひとり)』 »

2007年7月18日 (水)

YMO 『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』

YMO 『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』 YMOのセカンドアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』を紹介します。アルファ・レコードの制作。現在の販売元はソニー・ミュージック・エンタテインメント。

ヒットシングル「テクノポリス」、「ライディーン」を始め、坂本龍一のソロ時代の作品「ビハインド・ザ・マスク」、坂本龍一が武満徹を意識して作曲したという「CASTALIA」、ビートルズナンバーのカバー「DAY TRIPPER」、表題曲である「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」(高橋幸宏作曲)など全8曲を収録。ミリオンセラーとなった、YMOの代表的アルバムです。

「テクノポリス」は坂本龍一が“テクノによる東京をテーマとした歌謡曲=東京歌謡なるもの”を目指して作曲した作品ですが、後年、坂本は、「これ(「テクノポリス」)じゃ歌えないと思うよ」とコメントしています。

「ライディーン」は、高橋幸宏が喫茶店で歌った鼻歌を坂本龍一がその場で紙ナプキンに書き取り、それをもとに作られた曲。もともとのタイトルは「雷電」で、伝説の力士である雷電為右衛門をイメージして作られましたが、細野晴臣が「アメリカで『勇者ライディーン』というアニメが流行っているらしい」という情報を仕入れてきて、「じゃあ『ライディーン』にしよう」ということでタイトルが変わったというエピソードがあります。

ちなみにジャケットで3人が着ている服は、「赤い人民服」として話題になりましたが、実際は人民服ではなく、スキー服をもとに高橋幸宏がデザインしたものです。

YMO/Solid State Survivor

Ymo - Yellow Magic Orchestra

|

« 好きな短歌(23) | トップページ | スザンヌ・ヴェガ 『孤独(ひとり)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YMO 『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』:

« 好きな短歌(23) | トップページ | スザンヌ・ヴェガ 『孤独(ひとり)』 »