« Yahoo!無料ゲーム 「文学検定クイズ 文学ノススメ」 | トップページ | 言い換え語辞典(7) 主義 »

2007年8月30日 (木)

観劇感想精選(17) 「ディファイルド」

2004年11月30日 大阪・茶屋町のシアター・ドラマシティにて観劇

シアター・ドラマシティで、大沢たかおと長塚京三の二人芝居「ディファイルド」を観る。
シアタードラマシティに来るのは久しぶり。入り口付近には大沢たかおファンと思われる若い女性がずらりと並ぶ。

「ディファイルド」はエミー賞作家、リー・カルチェイムの手によるもの。2000年にアメリカ初演。初演の時に刑事役を演じたのは「刑事コロンボ」でおなじみのピーター・フォークだそうだ。

図書館員ハリー(大沢たかお)は蔵書検索コンピューター導入に反対、爆弾を片手に立て籠もる。刑事(長塚京三)が説得に訪れるのだが……。

とにかくセリフが多い。「図書館が云々」という説明ぜりふも多数。日本人でこんなに喋る人は明石家さんまぐらいだろう。アメリカ産の作品という気がする。大沢たかおはかなりの早口。発音はいいが、たまに聞き取れないこともある。
心理戦は巧みだが、アメリカの話なので、一般の日本人の考えとは異なるところもある。2時間近い話だが、中盤は中だるみ。余計と思わせるエピソードもある。飽きさせずに魅せるのは流石だが。

立て籠もり犯ハリーはなかなかのインテリだ。守るべきものを守れないやるせなさ、自意識の強さがもたらす悲しみが溢れる。
ラストは収まるところに収まるか、と思いきや一転、衝撃的な幕切れとなる。迫力があり、演出(鈴木勝秀が担当)の上手さもあり感心する。

カーテンコールは3回。最後は大沢たかおファンの女性が数多く立ち上がる。

|

« Yahoo!無料ゲーム 「文学検定クイズ 文学ノススメ」 | トップページ | 言い換え語辞典(7) 主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観劇感想精選(17) 「ディファイルド」:

» 長塚京三『島津忠剛』役 [篤姫(あつひめ)大河ドラマ]
1945年7月6日-)は東京都世田谷区出身の俳優。早稲田大学文学部演劇科中退、ソルボンヌ大学卒業。留学中に仏映画「パリの中国人(原題:Les chinois a Paris)」の主役オーディションに受かり俳優デビュー。... [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 17時03分

« Yahoo!無料ゲーム 「文学検定クイズ 文学ノススメ」 | トップページ | 言い換え語辞典(7) 主義 »