« これまでに観た映画より(5) 「あの子を探して」 | トップページ | 岩城宏之指揮メルボルン交響楽団 「夢の時~武満徹管弦楽曲集」 »

2007年8月 1日 (水)

子供の視点に戻って見た世界 谷川俊太郎詩集『はだか』

谷川俊太郎が、子供の視線に戻って世界(子供の世界、大人の世界、家族、学校、友達、自分自身)を再構成してみせた詩集『はだか』を紹介します。佐野洋子の絵入り。筑摩書房刊。

谷川俊太郎詩集『はだか』

『はだか』は、子供を主人公とし、全てひらがなを用いた23編の詩から成っており、難解な表現も一切出てきませんが、それでいて奥深さを感じさせる詩集です。

大人が忘れがちな、あるいは気付かないか気付いていても通り過ぎてしまうような感情を平易な言葉を使って鋭くついてくる、愛らしく、時に怖ろしくもある詩が並んでいます。

なお、『はだか』に収録されている6編の詩(「むかしむかし」、「おじいちゃん」、「おばあちゃん」、「おとうさん」、「おかあさん」、「とおく」)は、武満徹最後の管弦楽曲となった「系図 Family Tree  ~若い人のための音楽詩」の朗読部分に(一部を変更して)使われています。

|

« これまでに観た映画より(5) 「あの子を探して」 | トップページ | 岩城宏之指揮メルボルン交響楽団 「夢の時~武満徹管弦楽曲集」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/15974358

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視点に戻って見た世界 谷川俊太郎詩集『はだか』:

« これまでに観た映画より(5) 「あの子を探して」 | トップページ | 岩城宏之指揮メルボルン交響楽団 「夢の時~武満徹管弦楽曲集」 »