« 坂本龍一 『SELDOM ILLEGAL 時には、違法』 | トップページ | パスティーシュ童話 「新・蜘蛛の糸」 »

2007年9月 9日 (日)

菊の歌

秋の菊にほふ限りはかざしてむ 花よりさきと知らぬ我が身を 紀貫之

心あてに折らばや折らむ初霜のおきまどはせる白菊の花 凡河内躬恒

秋に咲き秋に散りゆく菊の花 盛りを知らず行く人思う 愚作

|

« 坂本龍一 『SELDOM ILLEGAL 時には、違法』 | トップページ | パスティーシュ童話 「新・蜘蛛の糸」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/16391853

この記事へのトラックバック一覧です: 菊の歌:

« 坂本龍一 『SELDOM ILLEGAL 時には、違法』 | トップページ | パスティーシュ童話 「新・蜘蛛の糸」 »