« 今日か | トップページ | 操り人形のための葬送行進曲 »

2007年9月 4日 (火)

かくも軽き不在

私についての話だったのだが、彼女は、別の人について延々と語っていた。目の前にいるはずの私の存在などどうでもいいというように。

私が彼女に対して行った肯定的な評価は一顧だにされず、別の人、つまり彼女が尊崇する人物の意見の絶対性を彼女は主張していた。彼女は「尊崇」の危険さについて考えたことはないようだった。

彼女は意見を比べてみることもなく、自身の日本語能力についても把握してはいなかった。「勘違い」という言葉が服を着て歩いているような彼女の前で、私の「不在」は余りにも軽かった。

|

« 今日か | トップページ | 操り人形のための葬送行進曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かくも軽き不在:

« 今日か | トップページ | 操り人形のための葬送行進曲 »