« 『帰ってきた時効警察』DVDボックスをよろしくお願いします | トップページ | ベルク 歌劇「ヴォツェック」(オペラ映画版) ブルーノ・マデルナ指揮 »

2007年10月 7日 (日)

これまでに観た映画より(11) 「北京ヴァイオリン」

DVDで中国映画「北京ヴァイオリン」を観る。陳凱歌(チェン・カイコー CHEN Kaige)監督作品。何故か監督自身も余(YU)教授役で出演している。なかなか達者な演技だ。
ストーリーはだいたいこんな感じかなという予想通りに進んでいく。メッセージもありきたりな感じ。ただ主人公に注ぐ父親の愛情が心に響く。種明かしはしたくないが日本人にはなかなか真似できない。ここだけは流石、陳凱歌だ。そこまでとは読めなかった。中国映画というと暗い、陳凱歌監督作品は特に暗いというイメージがあるがそれを吹き飛ばしてくれる愛らしい作品だ。
ただラストはちょっと俗に過ぎるか。冷静に考えると相当変なシーンである。
この作品は陳監督には珍しく現代物だ。もとになった実話がある。この実話は中国ではかなり有名な話のようで、日本人向けの中国語学習テキストにも良く出てくる。
北京の街も10年前に比べるとかなり洗練されている。俳優達も生き生きしている。特にリリを演じる陳紅(CHEN Hong)がいい。実は陳紅は陳凱歌監督夫人である。この映画の製作を務めているのも彼女だったりする。

|

« 『帰ってきた時効警察』DVDボックスをよろしくお願いします | トップページ | ベルク 歌劇「ヴォツェック」(オペラ映画版) ブルーノ・マデルナ指揮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これまでに観た映画より(11) 「北京ヴァイオリン」:

« 『帰ってきた時効警察』DVDボックスをよろしくお願いします | トップページ | ベルク 歌劇「ヴォツェック」(オペラ映画版) ブルーノ・マデルナ指揮 »