« おばさんとお呼び? | トップページ | これまでに観た映画より(11) 「北京ヴァイオリン」 »

2007年10月 5日 (金)

『帰ってきた時効警察』DVDボックスをよろしくお願いします

オダギリジョー、麻生久美子の主演で話題になった金曜ナイトドラマ『時警察』が帰ってきた『帰ってきた時警察』。その『帰ってきた時警察』のDVDボックスが発売になりました。DVD5枚組。

『帰ってきた時効警察』DVDボックス

総武警察署時効管理課の霧山修一朗(オダギリジョー)が、同じく総武警察署交通課の三日月しずか(麻生久美子)とともに時効になった事件を趣味で捜査するという、スリルもサスペンスもないコメディー推理ドラマ。

「ドラマをバラエティにしてしまおう」という発想から、バラエティーの構成作家出身でシティボーイズのライブの台本作家や映画監督としても活躍している三木聡を中心に、演劇界のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)、前衛映像作家の園子温(その・しおん)、ホラー映画を手掛けている麻生学らが脚本と監督として参加。更には第1シリーズから助監督をずっと務めていた安見悟朗が第7話を監督。更に更にオダギリジョー自身が第8話で脚本と監督に挑戦するなど、新しいドラマを作ろうという意欲に溢れた作品が並んでいます。

基本的にお馬鹿な話が多いのに、極めて凝った作り。浅野和之、高泉淳子、大森南朋らが、彼らでなくてもいいようなチョイ役で出演するというのも贅沢であり、ある意味、高等遊民的な味わいのあるドラマでもあります。

映像特典として、第1話のオーディオコメンタリー(オダギリジョー、麻生久美子、三木聡)、第8話のコメンタリー(麻生久美子、オダギリジョーに似た声で話す犬の「黒」)、東京・渋谷のCLUB QUATTROで行われたKERAのライブに麻生久美子がシークレットゲストとして参加し、「たべもの」、「しゃくなげの花」、「月見そばのうた」を歌った時の映像、オダギリジョーと麻生久美子による各話解説対談、クランクアップ映像(時効管理課メンバー全員で、涙もろい麻生久美子を泣かせよう作戦を決行)を収録。

更には番組宣伝用に作られた「総武警察署時効管理課 残業中」(ペンギンプルペイルパイルズの倉持裕が脚本を手掛けるなど、番宣とは思えないほど凝った作りであり、ドラマ同様不必要に豪華である)なども収録されており、これでもかこれでもかの豪華な特典満載のDVDです。

帰ってきた時効警察

|

« おばさんとお呼び? | トップページ | これまでに観た映画より(11) 「北京ヴァイオリン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/16669241

この記事へのトラックバック一覧です: 『帰ってきた時効警察』DVDボックスをよろしくお願いします:

» 事件と違い「時効警察」に時効はないと言っても過言ではないのだ 「時効警察」DVDボックス [鴨東記]
先日、好評のうちに全9回の放送を終えた「帰ってきた時効警察」。その「帰ってきた時 [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 01時10分

» 「帰ってきた時効警察」オリジナル・サウンドトラック+ [鴨東記]
先日、好評の内に放送を終えた「帰ってきた時効警察」ですが、今回はそのオリジナル [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 01時16分

» 帰ってきた時効警察の最新情報! [このドラマがすごい!]
このドラマがすごい!気になる最新情報を紹介します! 帰ってきた時効警察 DVD-BOX帰ってきた時効警察 DVD-BOX. この商品をレビューしたブログ一覧. 角川エンタテインメント ¥ 14763. 買うか買うまいか。。。... [続きを読む]

受信: 2007年10月11日 (木) 18時28分

» 転々・東京お散歩ルートートミニ [エコバッグ/エコバックコレクター]
小ネタ満載で人気を博したテレビドラマ『時効警察』シリーズ。その監督・三木聡と主演・オダギリジョーのコンビによる映画『転々』が11月10日に公開されます。 [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 01時14分

» 時効警察 動画 [新作DVDセレクション]
→→→ 凡人が達人になる!? 英語マスターパーフェクトマニュアルとは  帰ってきた時効警察 DVD-BOXテレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」の枠で放送された「時効警察」は大ヒット。そして同じ枠で放送された続編「帰... [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 03時08分

« おばさんとお呼び? | トップページ | これまでに観た映画より(11) 「北京ヴァイオリン」 »