« 観劇感想精選(20) 北区つかこうへい劇団「つかこうへい二本立て」(「ヒモの話」、黒谷友香エンドレス「売春捜査官 ─女子アナ残酷物語」) | トップページ | 「STRIKE UP THE BAND!」 »

2007年11月 6日 (火)

坂本龍一ファーストアルバム 「千のナイフ」

坂本龍一のファーストアルバムである「千のナイフ」を紹介します。1978年リリース。YMO参加前の作品です。

坂本龍一 「千のナイフ」 全編シンセサイザーを取り入れた日本初のアルバム。坂本本人はこの時はまだ現代音楽指向が強く、このアルバムも完全なポピュラー作品とは位置づけていなかったようです。

ライナーには坂本本人による小難しい(だけの?)メッセージや、現代音楽の作曲家・林光による推薦文、直後にともにYMOを結成することになる細野晴臣による賛辞が寄せられています。

セッションには細野晴臣、渡辺香津美、高橋悠治、山下達郎らが参加。コンピュータオペレーション&シンセサイザープログラマーとして参加しているのは、のちにYMOのコンピュータ部門全般を担当することになる松武秀樹。

のち坂本は、ファーストアルバム「千のアルバム」をスタジオに籠もって作っている時に、「世界に向けて発信している感覚はすでにあった」と回想しています。

今もなお坂本の代表作の一曲とされる表題作「千のナイフ」のほか、「アイランド・オブ・ウッズ」、「グラスホッパー」、「ダス・ノイエ・ジャパニッシェ・エレクトロニッシュ・フォルクスリート」、「プラスティック・バンブー」、のちにYMOによってパロディー(街道もの)化される「ジ・エンド・オブ・エイシャ」の全6曲を収録。

坂本龍一/千のナイフ (Ltd)(Pps)

坂本龍一

|

« 観劇感想精選(20) 北区つかこうへい劇団「つかこうへい二本立て」(「ヒモの話」、黒谷友香エンドレス「売春捜査官 ─女子アナ残酷物語」) | トップページ | 「STRIKE UP THE BAND!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍一ファーストアルバム 「千のナイフ」:

« 観劇感想精選(20) 北区つかこうへい劇団「つかこうへい二本立て」(「ヒモの話」、黒谷友香エンドレス「売春捜査官 ─女子アナ残酷物語」) | トップページ | 「STRIKE UP THE BAND!」 »