« 奈良本辰也・編 『京都百話』 | トップページ | 街の想い出(18) 横浜その2 中島敦文学碑 »

2007年12月 4日 (火)

格好悪いのもいいもんだ

スマートに暴論を唱えるのが格好いいということなのだろうか。

わからないなら「わからない」と正直に言って格好悪く生きるのもいいもんだ。

シェイクスピアの芝居に出てくる道化のように格好悪くていいじゃないか。

空気を読まないトリックスター。格好を整えるのに懸命な世界を、寝っ転がって眺めていようや。

|

« 奈良本辰也・編 『京都百話』 | トップページ | 街の想い出(18) 横浜その2 中島敦文学碑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 格好悪いのもいいもんだ:

« 奈良本辰也・編 『京都百話』 | トップページ | 街の想い出(18) 横浜その2 中島敦文学碑 »