« 日本語Tシャツ | トップページ | 風景の宿る声 夏川りみ 「歌さがし ~リクエストカバーアルバム~」 »

2007年12月 8日 (土)

「レノン・レジェンド」 ザ・ベリー・ベスト・オブ・ジョン・レノン

今日、12月8日が命日に当たるジョン・レノンのベストアルバム「レノン・レジェンド」を紹介します。

「レノン・レジェンド」 ザ・ベリー・ベスト・オブ・ジョン・レノン 「イマジン」、「マザー」、「パワー・トゥ・ザ・ピープル」、「ラヴ」、「マインド・ゲーム」、「スタンド・バイ・ミー」、「スターティング・オーヴァー」、「ウーマン」、「ビューティフル・ボーイ」、「ハッピー・クリスマス(ウォー・イズ・オーヴァー)」など、説明不要の名曲揃い。というわけで説明はしません。
そこで曲にまつわる思い出をいくつか書きます。

「ビューティフル・ボーイ」は、映画「陽のあたる教室」で、主人公の音楽教師、ホランド(リチャード・ドレイファス)が、生まれつき耳の聞こえない息子のために手話付きで歌うという印象的なシーンに使われています。
「陽のあたる教室」は日本では舞台化もされていて、ホランド先生役は水谷豊が演じました(於・世田谷パブリックシアター)。水谷豊はかっては「カリフォルニア・コネクション」なるシングルをヒットさせたこともありましたが、基本的には俳優しかしない人なので、手話付きの「ビューティフル・ボーイ」を歌っているのを生で見ることが出来て、嬉しくなったのを憶えています(なお、「陽のあたる教室」は水谷豊の初舞台出演作品であり、水谷豊はその後は舞台に出ていないので、これが今のところ唯一の舞台となっています)。

「イマジン」は、アメリカが戦争を起こすたびに放送禁止になる曲。逆にいえばイマジネーションこそが戦争抑止ための最大の武器であることを証明しているともいえます。

「ラヴ」はシンプルなピアノソロの部分も印象的ですが、「ラヴ」のピアノ編曲バージョンは私のお気に入りで、千葉にいた頃は良く演奏しました。シンプルなのでピアノの技術が余りなくても弾くことが出来ます。

|

« 日本語Tシャツ | トップページ | 風景の宿る声 夏川りみ 「歌さがし ~リクエストカバーアルバム~」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/17313461

この記事へのトラックバック一覧です: 「レノン・レジェンド」 ザ・ベリー・ベスト・オブ・ジョン・レノン:

« 日本語Tシャツ | トップページ | 風景の宿る声 夏川りみ 「歌さがし ~リクエストカバーアルバム~」 »