« 観劇感想精選(23) MONO 「衛兵たち、西高東低の鼻を嘆く」 | トップページ | 朱夏の愉しみ »

2007年12月20日 (木)

織田裕二 『脱線者』

今月13日に40歳になった織田裕二のエッセイ集『脱線者』(朝日新書)。今、話題の本です。

織田裕二 『脱線者』 役者稼業をしている人の中には、「他の俳優については知りたくないんだ」、「他人に影響されたくないんだ」、「映画には余り興味がないんだ」、「成功した俳優なんて嫌いだ」、「俺は織田裕二よりも上なんだ」など、様々な理由で同業者の本を読まない向きもあるようですが、読んでも損はしないので情報は得た方がいいと思います。
読めばわかると思いますが、「知ること」に関しては、織田裕二は貪欲です。

一つ一つのエピソードは短めの文章で構成されており、活字のサイズも大きめで、また難しいことは一切書かれていないので、読みやすいことは確かです。俳優ならではの発想なども知ることが出来て、たまにはこうした本を読むのもいいと思います。

織田裕二 『脱線者』(朝日新書) 紀伊國屋書店BookWeb

|

« 観劇感想精選(23) MONO 「衛兵たち、西高東低の鼻を嘆く」 | トップページ | 朱夏の愉しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 織田裕二 『脱線者』:

« 観劇感想精選(23) MONO 「衛兵たち、西高東低の鼻を嘆く」 | トップページ | 朱夏の愉しみ »