« ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ワーグナー「ニーベルングの指輪」ハイライト | トップページ | コンサートの記(7) 大阪フィルハーモニー交響楽団第386回定期演奏会 大植英次指揮 マーラー交響曲第6番「悲劇的」 »

2008年2月19日 (火)

「未来世紀ブラジル」オリジナル・サウンドトラック

管理社会の怖ろしさを描くディストピア映画「未来世紀ブラジル」(テリー・ギリアム監督作品)のオリジナル・サウンドトラックを紹介します。

「未来世紀ブラジル」オリジナル・サウンドトラック マイケル・ケイメンが音楽を担当。名曲「ブラジル(ブラジルの水彩画)」がほぼ全編にわたってフィーチャーされています。

「未来世紀ブラジル」のラストは全く救いがないという暗いものなのですが(暗すぎるという理由でアメリカではハッピーエンド版が編集され、公開された)、暗いラストに明るい「ブラジル」の音楽が重なることで影の部分が強調され、絶望感がより一層深まるのが印象的でした。

「陽のあたる教室」、「ダイ・ハード」シリーズ、「リーサル・ウェポン」シリーズなどの音楽を手掛けたマイケル・ケイメン(1948-2003)のスコアは、甘さ、暗さ、華やかさなどの様々な要素が絡まった優れたものです。タイプライターの音にサンバのリズムを重ねた「ザ・オフィス」、ラストで流れる熱狂的な「ブラジルの水彩画・サンバ」などは秀逸。

未来世紀ブラジル/Brazil - Michael Kamen

|

« ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ワーグナー「ニーベルングの指輪」ハイライト | トップページ | コンサートの記(7) 大阪フィルハーモニー交響楽団第386回定期演奏会 大植英次指揮 マーラー交響曲第6番「悲劇的」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「未来世紀ブラジル」オリジナル・サウンドトラック:

« ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ワーグナー「ニーベルングの指輪」ハイライト | トップページ | コンサートの記(7) 大阪フィルハーモニー交響楽団第386回定期演奏会 大植英次指揮 マーラー交響曲第6番「悲劇的」 »