« 「国盗りカウンター」 | トップページ | レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィル モーツァルト「後期6大交響曲+交響曲第25番&第29番」 »

2008年2月 3日 (日)

三谷幸喜・文 唐仁原教久・絵 『俺はその夜多くのことを学んだ』

売れっ子脚本家、劇作家の三谷幸喜。しかし、彼は自身の戯曲が世に出るのを好まない人なので、彼の作品を読みたいと思っても、いくつか出ているシナリオ、エッセイ、小説などしか選択肢がありません。

三谷幸喜・文 唐仁原教久・絵 『俺はその夜多くのことを学んだ』(幻冬舎文庫) 『俺はその夜多くのことを学んだ』(幻冬舎文庫)は、三谷幸喜が書いた短編小説。ページ数はそこそこありますが、文章は1ページにつき、1~10行ほどで、他のスペースは唐仁原教久(とうじんばら・のりひさ)の絵が占めています。

分量的には物足りないかも知れませんが、内容はいかにも三谷らしい、駄目な男の駄目な話で、笑えてちょっぴり切なくなります。唐仁原教久の絵も面白く、読んで損はしないと思います。

三谷が書いたドラマ「今夜、宇宙の片隅で」などが好きな人にはお薦めの一冊です。

三谷幸喜:文、唐仁原教久:絵 『俺はその夜多くのことを学んだ』(幻冬舎文庫) 紀伊國屋書店BookWeb

|

« 「国盗りカウンター」 | トップページ | レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィル モーツァルト「後期6大交響曲+交響曲第25番&第29番」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三谷幸喜・文 唐仁原教久・絵 『俺はその夜多くのことを学んだ』:

« 「国盗りカウンター」 | トップページ | レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィル モーツァルト「後期6大交響曲+交響曲第25番&第29番」 »