« いくらどんなに切ない夜も、 「ホームラン軒」復刻版 | トップページ | 観劇感想精選(30) 桃唄309 「おやすみ、おじさん」 »

2008年3月 6日 (木)

「ひかりのまち」オリジナル・サウンドトラック

マイケル・ナイマンが音楽を手掛けたイギリス映画「ひかりのまち」のオリジナル・サウンドトラックを紹介します。

映画「ひかりのまち」オリジナル・サウンドトラック 映画の方も何年か前にDVDで観ているのですが、記憶はあやふや。しかしナイマンの音楽は大変魅力的で、旋律はいつまでも頭の中に残り続けます。

マイケル・ナイマン・バンドによる光に溢れるような明るい曲、ナイマンのソロ・ピアノによる、心に水のように優しく染み込んでくる抒情的な旋律など、収録されている曲全てが映像以上に雄弁で色合い豊かです。

映画「ひかりのまち」の原題は“wonderland”ですが、ナイマンの音楽は音によるワンダーランドを築き上げています。

ひかりのまち/Wonderland - Music By Michaelnyman

|

« いくらどんなに切ない夜も、 「ホームラン軒」復刻版 | トップページ | 観劇感想精選(30) 桃唄309 「おやすみ、おじさん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ひかりのまち」オリジナル・サウンドトラック:

« いくらどんなに切ない夜も、 「ホームラン軒」復刻版 | トップページ | 観劇感想精選(30) 桃唄309 「おやすみ、おじさん」 »