« 観劇感想精選(30) 桃唄309 「おやすみ、おじさん」 | トップページ | 電話ボックスに入る »

2008年3月 9日 (日)

無は無意識裏に発見されるのか

無意味であることが無意義であるとは思えない。

無意義なことは無意味なことと断定も出来ない。

無とは何か?

そもそも「無である」と誰が決めるのか?

|

« 観劇感想精選(30) 桃唄309 「おやすみ、おじさん」 | トップページ | 電話ボックスに入る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無は無意識裏に発見されるのか:

« 観劇感想精選(30) 桃唄309 「おやすみ、おじさん」 | トップページ | 電話ボックスに入る »