« 細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏ロングインタビュー 『YMO イエロー・マジック・オーケストラ』(第2版) | トップページ | サンドイッチ・デー »

2008年3月12日 (水)

追悼・上田現 元ちとせ 『ハイヌミカゼ』&『ノマド・ソウル』

シンガーソングライター、音楽プロデューサーの上田現氏が肺がんのため47歳で死去。
ということで、上田現が手掛けた最も有名なアーティストである元ちとせのアルバムを2枚紹介します。

元ちとせ 『ハイヌミカゼ』 まずは、上田現、元ちとせを共にメジャーにした「ワダツミの木」を収めた『ハイヌミカゼ』(エピック)。上田が作詞・作曲。編曲を手掛けた「ワダツミの木」は、元ちとせが奄美大島出身ということもあり、南国の伝説風のストーリーを持った作品です。

『ハイヌミカゼ』には他にも「君ヲ想フ」、タイトル曲でもある「ハイヌミカゼ」(作詞作曲編曲:上田現)なども収録。日本レコード大賞ベストアルバム賞受賞作。

元ちとせ/ハイヌミカゼ

元ちとせ 『ノマド・ソウル』 『ノマド・ソウル』(エピック)には上田現の作詞・作曲・編曲による「千の夜と千の昼」が収められています。この曲はCM曲としてブレイクしています。

このアルバムでは他に、「トライアングル」の作詞・作曲・編曲、「月齢17.4」の作詞・作曲・編曲、「ウルガの丘」の編曲も上田が手掛けています(「ウルガの丘」の作詞・作曲は松任谷由実)。

元ちとせ/ノマド ソウル(Hyb)

上田現のことばかり語っているのも何なので、元ちとせについても書いておきます。
鹿児島県の奄美大島に生まれ育った、ご存じ元ちとせは、島唄ともいわれる奄美民謡を子供の頃から歌って育ったということもあり、独特の発声によるスケールの大きな表現が特徴。彼女の歌い方には、人々だけに向かってというよりも、自然を含めた全世界に対して発信しているような印象を受けることがあります。独特の空気の振るわせ方がそういうイメージを生み出しているのでしょうか。

|

« 細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏ロングインタビュー 『YMO イエロー・マジック・オーケストラ』(第2版) | トップページ | サンドイッチ・デー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/40477138

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼・上田現 元ちとせ 『ハイヌミカゼ』&『ノマド・ソウル』:

» 上田現 [らいおうの日記]
「ワダツミの木」手掛けた上田現さん死去日刊スポーツスカバンド、レピッシュの元メン... [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 01時13分

« 細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏ロングインタビュー 『YMO イエロー・マジック・オーケストラ』(第2版) | トップページ | サンドイッチ・デー »