« サンドイッチ・デー | トップページ | 街の想い出(22) 銀座その3 銀座山野楽器本店 »

2008年3月13日 (木)

物語性豊かな歌詞と意欲的なメロディーの世界 柴田淳 『月夜の雨』

柴田淳通算5枚目のアルバム『月夜の雨』。ビクター・エンタテインメント移籍後のアルバム第1弾です。

柴田淳 『月夜の雨』 しばじゅんさんこと柴田淳の魅力は物語性豊かな歌詞と、予想を適度に裏切るメロディー進行。普通なら「もう下げるかな」というパターンのところで逆に音を上げたりします。しばじゅんさんはモーツァルトが嫌いだそうですが、モーツァルトの時代のように、音楽の冒険がしにくかった時代の音楽(古典派)が嫌いというのは彼女の作風からいって肯けます。

スキャットによる「プロローグ」に始まり、それを受ける第1曲「青の時間」の怖ろしく後ろ向きな歌詞、振られる女を歌った「HIROMI」の繊細さ、「涙ごはん」の愛らしさと不安の同居、卒業シーズンにピッタリの「花吹雪」、大人のムードに溢れる「真夜中のチョコレート」、ブラックコメディー(?)王子様シリーズ第3弾「つまおうじ」、愛を求める女心とそれをわからない男へのもどかしさを歌う「人魚の声」、文学的といってもいい歌詞を持つ「紅蓮の月」、切なさ一杯の「君が思えば…」、しばじゅんさんの私小説的世界(?)「私の物語」など、全曲がシングル作品としても通用するクオリティの高い一枚です。

柴田淳/月夜の雨

柴田 淳

|

« サンドイッチ・デー | トップページ | 街の想い出(22) 銀座その3 銀座山野楽器本店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物語性豊かな歌詞と意欲的なメロディーの世界 柴田淳 『月夜の雨』:

« サンドイッチ・デー | トップページ | 街の想い出(22) 銀座その3 銀座山野楽器本店 »