« 観劇感想精選(33) 魚灯 「静物たちの遊泳」 | トップページ | コンサートの記(10) ワレリー・ゲルギエフ指揮PMFオーケストラ 大阪公演2004 »

2008年4月16日 (水)

ネオ・クロサワの名を全世界に轟かせた衝撃のサイコ・サスペンス 「CURE」

ネオ・クロサワこと黒沢清監督の名を全世界に轟かせたサイコ・サスペンス映画「CURE」のDVDを紹介します。
脚本&演出:黒沢清。主演:役所広司、萩原聖人。出演は、洞口依子、うじきつよし、中川安奈、大杉漣ほか。

黒沢清監督作品「CURE」 DVDジャケット

東京23区内を中心とした南関東地方各地で奇妙な連続殺人事件が起こる。死体はいずれも頸部を「X」の形に切り裂かれているのだが、逮捕された容疑者は複数で、互いに面識がなく、なぜ頸部を「X」型に切り裂いたのかを訊いても明確な答えが得られない。

警視庁の高部(役所広司)は、ドラマや映画、小説の影響の線を当たってみるが、それもないという。
捜査を続けるうちに、容疑者達と関連のある一人の男が浮かび上がる。男の名は間宮邦彦(萩原聖人)。数年前まで医科大学で精神医学を学んでいた青年である。記憶に障害を持つ間宮に殺人教唆の疑いがかかる……。

これまでに何度も何度も繰り返し観た映画ですが、最初に観たときの衝撃はさすがに弱まるものの、人間であることの悲しさや人間存在そのものの危うさと不気味さへの認識はむしろ高まっています。
そして何といっても萩原聖人が演じた間宮邦彦という男の存在。脚本や演出も巧みですが、間宮という、おそらく俳優なら誰でも演じてみたくなるような魅力的な悪役の造形に成功したことが、この映画の面白さを倍加させているのは間違いのないところでしょう。

Movie/Cure: キュア

|

« 観劇感想精選(33) 魚灯 「静物たちの遊泳」 | トップページ | コンサートの記(10) ワレリー・ゲルギエフ指揮PMFオーケストラ 大阪公演2004 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/40898887

この記事へのトラックバック一覧です: ネオ・クロサワの名を全世界に轟かせた衝撃のサイコ・サスペンス 「CURE」:

« 観劇感想精選(33) 魚灯 「静物たちの遊泳」 | トップページ | コンサートの記(10) ワレリー・ゲルギエフ指揮PMFオーケストラ 大阪公演2004 »