« 帝王の白鳥の歌 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ブルックナー交響曲第7番 | トップページ | スワローズグッズ総合カタログ2008 »

2008年4月 6日 (日)

鳥葬

車に轢かれた鳩の屍骸を烏がついばんでいた。

たったそれだけのことだと、言えば言える。

ただ、車という現代が生み出したものがもたらした死に、鳥辺山(鳥部山)の名の由来であり、京都の歴史を語る上で落とせない鳥葬が行われているのを目にすると、遠く離れているはずの歴史上の地点と地点が結びつけられたかのような、奇妙な錯覚に陥るのだった。

死の見えない現代が生み出した鳥葬。

|

« 帝王の白鳥の歌 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ブルックナー交響曲第7番 | トップページ | スワローズグッズ総合カタログ2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥葬:

« 帝王の白鳥の歌 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ブルックナー交響曲第7番 | トップページ | スワローズグッズ総合カタログ2008 »