« リッカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 モーツァルト交響曲第39番&第25番 | トップページ | どうでもいいことかも知れませんが »

2008年5月30日 (金)

現代演劇の一つのテーマ

生きることに意味なんてないのさ。

草も獣も、山も大地も、海も空も、己の存在意義など感じもせずに存在している。

ただ人間だけが、生きる意味を求めなければ生きることさえ出来ない。

何て哀れな。

|

« リッカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 モーツァルト交響曲第39番&第25番 | トップページ | どうでもいいことかも知れませんが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/41367736

この記事へのトラックバック一覧です: 現代演劇の一つのテーマ:

« リッカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 モーツァルト交響曲第39番&第25番 | トップページ | どうでもいいことかも知れませんが »