« 子供の耳 | トップページ | これまでに観た映画より(21) 「過去のない男」 »

2008年5月14日 (水)

取り敢えずの宣伝

私が25歳の頃に去江与司名義で書いた詩「愛する」が載った詩集『愛の詩集』(彩図社 ぶんりき文庫)という本があります。

『愛の詩集』(彩図社 ぶんりき文庫)

もう8年も前に出版されたものであり、いつ絶版になってもおかしくない状態なので、取り敢えず宣伝しておきます。

ちなみに、楽天ブックスやYahoo!ブックスなどで「愛の詩集」と検索すると私のペンネームである去江与司がヒットします。出来の良い作品をピックアップ、だといいのですが、実際は無作為に選ばれたのでしょう。楽天の宣伝記事もYahoo!の宣伝記事も『愛の詩集』出版直後に出た宣伝記事が基になっているので、同じものがヒットするのです。

『愛の詩集』(ぶんりき文庫) 紀伊國屋書店BookWeb

|

« 子供の耳 | トップページ | これまでに観た映画より(21) 「過去のない男」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取り敢えずの宣伝:

« 子供の耳 | トップページ | これまでに観た映画より(21) 「過去のない男」 »