« 森永「ミルクキャラメル」チョコシリーズ | トップページ | ヴィルムヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 シューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」(1951年盤) »

2008年6月 7日 (土)

コンサートの記(12) 大野和士指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団第400回定期演奏会

2006年7月6日 大阪・福島のザ・シンフォニーホールで

大阪のザ・シンフォニーホールで、大阪フィルハーモニー交響楽団の第400回定期演奏会を聴く。記念の演奏会のタクトを任されたのはヨーロッパを中心に活躍する大野和士。先月(2006年6月)、大阪フィルを振った広上淳一とともに日本若手指揮者界のエースと目される人物である。知的な音楽作りが特徴。CDはマーラーの交響曲第2番「復活」などが出ている。

曲目はモーツァルトの交響曲第33番、細川俊夫の打楽器協奏曲「旅人」、ショスタコーヴィチの交響曲第15番。

大野の指揮ぶりは実に端正で、気品すら感じる。力むことなく的確な指示でオーケストラをコントロールする様は、日本の指揮者に多い力演型の対極をゆく。

モーツァルトの交響曲第33番では、大阪フィルがいつになく丁寧なアンサンブルを聴かせる。音の一つ一つが美しく、高貴な感覚に彩られている。ただたまに汚い音が出てしまうのが、現在の大阪フィルの力の限界を感じさせる。
私はサー・チャールズ・マッケラスが指揮するような活気溢れるモーツァルトが好きなので、例えば最終楽章にはもっとリズム感やノリのよさを求めたくなるが、大野のスタイルを好む人も多いだろう。

細川俊夫の打楽器協奏曲「旅人」は、2000年に初演された作品。打楽器を演奏するのは初演時の奏者でもある中村功。
中村が様々な種類の打楽器を演奏して曲は始まる。やがて、オーケストラが音を奏で始めるのだが、冷たく厳しく迫力ある音は、いつもながらの細川節である。ステージ上の他、2階席左右、3階席後方にも金管奏者が陣取り、客席を取り囲むようにして演奏が繰り広げられる。ただ、私はステージの後方、他のホールだとP席と呼ばれる場所に座っていたので、周囲を音が巡るような効果を味わうことは出来なかった。
ラストで、中村は小さな鐘を打ち鳴らしつつステージを下り、客席後方へと消えていく。タイトル通り、何かを希求する「旅人」のように。
観ているこちらもインスピレーションを刺激されるような、「劇的」な作品であった。

ショスタコーヴィチの交響曲第15番。20世紀最大のシンフォニスト、ショスタコーヴィチ最後の交響曲である。ロッシーニの「ウィリアム・テル」序曲のパロディがあったり、諧謔性にも富んだ作品。
大野の特長である知的なコントロールが最大限に発揮された名演であった。大フィルの演奏には細かい傷がいくつかあったものの、大野のノーブルな音楽性がそういったマイナス要素を全て乗り越えていく。ノーブルと書いたが決して乙に澄ました演奏ではない。歌は深く、力みのない迫力があり、時には苦悩に満ちた表情が現れる。大野の実演に接するのはこれが初めてなのだが、これほど端正な姿で指揮する演奏家はこれまで見たことがない。日本人は勿論、欧米の著名な指揮者を実演、テレビ等で多く見てきたにも関わらず、である。大野の指揮姿そのものが芸術品であるかのようだ。
曲は静かに終わる。しかし、曲は終わったが、別の何かが永遠に向かって続いていくような感動的な終わり方であった。
熱狂的な感動はコンサートで何度も味わっている。ただ今日のように、心にそっと染み込んで、その軸を揺さぶるような感動を覚えるのは久しぶりだ(小説を読んでこういった種類の感動をすることはよくあるのだが)。心の準備が出来ていなかったので、演奏が終わってしばらくしてからも心の震えが止まらなかった。どこまでが大野の魅力で、どこまでがショスタコーヴィチの魅力なのかはわからない。だが、魅せられた。

|

« 森永「ミルクキャラメル」チョコシリーズ | トップページ | ヴィルムヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 シューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」(1951年盤) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/41450529

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートの記(12) 大野和士指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団第400回定期演奏会:

« 森永「ミルクキャラメル」チョコシリーズ | トップページ | ヴィルムヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 シューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」(1951年盤) »