« 生誕100年 カレル・アンチェル指揮 スメタナ「わが祖国」(1963年盤) | トップページ | ウェス・モンゴメリー 『フルハウス』 »

2008年7月28日 (月)

「それ」

「それ」は遠くにあるものではなく、近づいてくるものでもないんだ

「それ」を私達はすでに身に纏っているんだ、一人の例外もなく

「それ」は徐々に色を濃くし、線を刻み、やがて硬くなり、止まる

「それ」は決まり切ったことであり、必ず訪れる

だから急ぐことはないんだ

必ず訪れると決まっているのに何故急ぐ必要があるだろう

「それ」の着心地を感じ、肌触りを確かめる

誰もが経てきたこと、知っていたこと

全ては主語と主体のない思し召しのままに。

|

« 生誕100年 カレル・アンチェル指揮 スメタナ「わが祖国」(1963年盤) | トップページ | ウェス・モンゴメリー 『フルハウス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「それ」:

« 生誕100年 カレル・アンチェル指揮 スメタナ「わが祖国」(1963年盤) | トップページ | ウェス・モンゴメリー 『フルハウス』 »