« 観劇公演パンフレット(31) 東京セレソンデラックス 「夕(ゆう)」2008 | トップページ | マーティ・フリードマン 「music for speeding」 »

2008年8月10日 (日)

マーティ・フリードマン 『いーじゃん! J-POP だから僕は日本にやって来た』

メタルバンド、メガデスの元メンバーで、2002年からは日本に住み、日本を中心に音楽活動を行っているギタリストのマーティ・フリードマン。彼が日本にやって来たのはJ-POPに恋したからでした。

マーティ・フリードマン 『いいじゃん! J-POP だから僕は日本にやって来た』(日経BP社) そんなマーティの著書『いーじゃん! J-POP だから僕は日本にやって来た』(日経BP社)。

アメリカ、ワシントンD.Cに生まれ、ハワイ、サンフランシスコ、ロサンゼルスと、ずっとアメリカ国内に住んできたマーティですが、サンフランシスコのバンドであるカコフォニー時代の初来日時に日本と日本の音楽に本格的に興味を持ち、通信教育で日本語を学んで、今では流暢に日本語を操ります。この本も訳者は通さず、マーティ本人が日本語で書いたもの。

メタルというハードなジャンルで活躍していたマーティですが、新しいことをやろうと思ったときにアメリカは壁が高く、「様式美」が重視され、メタルだったらメタルの様式以外の音楽をやってはならないという不文律があるそうです。その点、日本は実に柔軟。そんなJ-POPの自由さに惹かれて日本に来たマーティは、ハワイ時代に知った演歌やサンフランシスコのカコフォニーというバンド時代に知ったJ-POPのアーティストと共演して、夢を実現していきます。

そんなマーティの半生記(というほど大袈裟ではありませんが)、マーティ本人がリスペクトするJ-POPのシンガー達の紹介から本書は成り立っています。

ちなみにマーティさんが好きな日本のアーティストは、ZARD、華原朋美、平原綾香、ハロープロジェクト系、X JAPAN、相川七瀬など。マーティさんも認めていますが、けっこうベタです。私とは趣味が合わないかも。
とはいえ、外からは(マーティは今では外の人ではありませんが)語られることの少ないJ-POPについての新たな視点を得られる面白い書籍です。

マーティ・フリードマン 『いいじゃん! J-POP だから僕は日本にやって来た』(日経BP社) 紀伊國屋書店BookWeb

|

« 観劇公演パンフレット(31) 東京セレソンデラックス 「夕(ゆう)」2008 | トップページ | マーティ・フリードマン 「music for speeding」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/42130401

この記事へのトラックバック一覧です: マーティ・フリードマン 『いーじゃん! J-POP だから僕は日本にやって来た』:

« 観劇公演パンフレット(31) 東京セレソンデラックス 「夕(ゆう)」2008 | トップページ | マーティ・フリードマン 「music for speeding」 »