« 蝉、掻き立てる夏 | トップページ | 観劇感想精選(43) WANDERING PARTY 「トータル・エクリプス」 »

2008年8月 1日 (金)

湯川潮音 「灰色とわたし」

湯川潮音のセカンドアルバム「灰色とわたし」(EMI)を紹介します。

湯川潮音 「灰色とわたし」 湯川潮音は1983年生まれのシンガーソングライター。ペ・ドゥナ、香椎由宇らが主演した映画「リンダ リンダ リンダ」で、脇役でありながら途轍もなく歌の上手い女の子が登場しますが、その子を演じていたのが湯川潮音です。

東京少年少女合唱団出身の湯川潮音。メジャー第1弾で実質的なデビューアルバムである「湯川潮音」では高音をセーブしていましたが、本作「灰色とわたし」では、伸びやかで涼風のような美声を聴かせてくれます。

サウンドもギターを中心にアコースティックなものを追求。これも湯川の美声を一層引き立てています。

声自体の魅力だけでも勝負できる数少ない女性シンガー、湯川潮音の会心作です。

湯川潮音/灰色とわたし

湯川潮音 - 灰色とわたし

|

« 蝉、掻き立てる夏 | トップページ | 観劇感想精選(43) WANDERING PARTY 「トータル・エクリプス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/42034353

この記事へのトラックバック一覧です: 湯川潮音 「灰色とわたし」:

« 蝉、掻き立てる夏 | トップページ | 観劇感想精選(43) WANDERING PARTY 「トータル・エクリプス」 »