« 観劇感想精選(45) 白石加代子朗読公演「百物語」第二十四夜「怪談牡丹灯籠」 | トップページ | 奥歯を抜く »

2008年8月12日 (火)

YMO 『浮気なぼくら』

もう解散することを決めたYMOが「かわいいおじさん路線」を一度やってみようということで作ったポップなアルバム『浮気なぼくら』。オリコンのシングルチャート1位を目指して作られた「君に、胸キュン(浮気なバカンス)」(松田聖子の「ガラスの林檎」に阻まれて2位どまり。ちなみに「ガラスの林檎」の作曲はYMOの細野晴臣である)を含む歌アルバムです。

YMO 『浮気なぼくら』 「君に、胸キュン」以外の曲を集めたインストアルバムも作られましたが、最新盤は2枚組で、本編とインスト版の両方が収められています。

『浮気なぼくら』に収録された曲で私が好きなのは、「邂逅」と「音楽」。いずれも坂本龍一が作った曲です。
「音楽」は坂本が娘である坂本美雨のために作った曲。歌詞で現代音楽の様々な手法を紹介し、坂本美雨に向かって、一緒に歌える日を待っているという一種のメッセージソングでもあります。

「邂逅」は、“今までの僕さよなら”というタイトルとは正反対のフレーズが印象的な作品。今までの自分とさよならして新たなことや人と邂逅するという、YMOのラストに相応しい内容が盛り込まれていると見ることも出来ます。

本人達がお気楽指向で作ったアルバムなので、本格的なポップスが好きな人には向いていないかも知れませんが、楽しい一枚であることは間違いありません。

YMO/浮気なぼくら & インストゥルメンタル

|

« 観劇感想精選(45) 白石加代子朗読公演「百物語」第二十四夜「怪談牡丹灯籠」 | トップページ | 奥歯を抜く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YMO 『浮気なぼくら』:

« 観劇感想精選(45) 白石加代子朗読公演「百物語」第二十四夜「怪談牡丹灯籠」 | トップページ | 奥歯を抜く »