« これまでに観た映画より(35) 「セプテンバー11」 | トップページ | コンサートの記(20) アレクサンダー・リープライヒ指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団第420回定期演奏会 »

2008年9月12日 (金)

低血圧

原因不明の怠さが続いていたので内科に行く。血圧を測ってもらう。上が88、下が60しかない。本当に俺は生きているのだろうか。とにかく低血圧である。

高血圧の怖ろしさは多くの人が知るところだが、低血圧の実情は余り知られていない。

「低血圧サポートグループ」というホームページもあるけれど、誰もが見たことのあるページというわけでもないであろうし。

低血圧の辛さは、少しずつ伝えて広めていくしか今のところはないようである。

|

« これまでに観た映画より(35) 「セプテンバー11」 | トップページ | コンサートの記(20) アレクサンダー・リープライヒ指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団第420回定期演奏会 »

コメント

こんにちは。
音楽のお話やお稽古の様子、いつも楽しく拝見しています。

私も若い頃からずっと低血圧で、ひどいときは72/46という数値を出したことがあります。
これは遺伝的なもので、日常生活にはあまり支障がなかったのですが、ここ数年の検査では、いつも赤血球濃度が常人の1/3程度という結果が出ており、鉄分を錠剤にしたものを服用するように言われていますが、副作用があってつらいのと、カフェインやタンニンを摂取できないのが苦しいので、時々薬をサボります。
女性ですから、月に一度は大変つらい思いをしますが、それ以外は身体が貧血に慣れてしまったようで、なんとか生きてます。
逆に「貧血でない自分」ってどんな感覚なんだろうかと思います。(笑)

症状としては、怠くてお辛いとのことですから、やはり鉄分が必要なのではないでしょうか。ひじき、豚レバー、しじみ、海藻類、大豆などが鉄を多く含む食品です。

お元気になって、これからもいろいろなお話を聞かせて(読ませて)くださいね。「洛北日和」のお写真も、楽しみにしています。

投稿: 山下樹美 | 2008年9月14日 (日) 14時57分

>山下樹美様

本保です。アドバイスをありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿: 本保弘人 | 2008年9月14日 (日) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低血圧:

« これまでに観た映画より(35) 「セプテンバー11」 | トップページ | コンサートの記(20) アレクサンダー・リープライヒ指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団第420回定期演奏会 »