« 誰だって苦しむのはいやだけれど | トップページ | 中広全延 『カラヤンはなぜ目を閉じるのか』 »

2008年10月14日 (火)

ルネ・レイボヴィッツ指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 「ベートーヴェン交響曲全集」

ルネ・レイボヴィッツ(1913-1972)がロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を指揮して完成させた「ベートーヴェン交響曲全集」を紹介します。元々は、初心者向けの会員制レーベル、リーダーズ・ダイジェストのための録音されたものですが、現在は、SCRIBENDUMから出ています。

ルネ・レイボヴィッツ指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 「ベートーヴェン交響曲全集」 現代音楽の解釈者として定評のあったルネ・レイボヴィッツが何故かリーダーズ・ダイジェストに録音した「ベートーヴェン交響曲全集」。初心者向けということもあってか、普通はベートーヴェンの交響曲全集などには入っていない「アテネの廃墟より“トルコ行進曲”」なども収録されています。

1961年の録音ということで、音がややかさつき気味なのが難点ですが、ベートーヴェンのメトロノーム指定に徹底して従った解釈は今聴いても新鮮です。

ベートーヴェンのメトロノーム指示に従っているということで、かなり速めのテンポによるキレのある演奏が示されています。ピリオド的な解釈を取り入れている昨今の演奏に相通じる、あるいは昨今の解釈の先駆ともいうべき優れた全集です。

ベートーヴェン/Comp.symphonies: Leibowitz / Rpo

|

« 誰だって苦しむのはいやだけれど | トップページ | 中広全延 『カラヤンはなぜ目を閉じるのか』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルネ・レイボヴィッツ指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 「ベートーヴェン交響曲全集」:

« 誰だって苦しむのはいやだけれど | トップページ | 中広全延 『カラヤンはなぜ目を閉じるのか』 »