« 観劇感想精選(52) 「悪夢のエレベーター」 | トップページ | 神農幸&キダ・タロー 「はじまりは中之島」 »

2008年10月18日 (土)

木下半太 『悪夢のエレベーター』

大阪出身の木下半太が書いた『悪夢のエレベーター』。先に書いた記事の舞台の原作でもあります。原作での舞台は大阪のようで、登場人物のほとんどが大阪弁を話します。

木下半太 『悪夢のエレベーター』 停止したエレベーターに乗り合わせた、富永、槙原、小川、カオルの4人。そこで繰り広げられるブラックにしてコミカルな出来事の数々。
それが3人の視点により、3つの章で語られていきます。ある人の視点からはよくわからなかったことが、次の章で種明かしされ、おまけに笑いも誘うなど作品構成も見事です。

木下半太は演劇界の出身。長く大阪演劇界で活躍した後、今は本拠を東京に移して演劇活動を続けています。停止したエレベーターという舞台的空間の生かし方が抜群なのも、木下が演劇界出身であることと無関係ではないでしょう。

なお、『悪夢のエレベーター』はWeb上で続きを読むことが出来ます。(http://blog.qlep.com/blog.php/114535)。本編読了後はWeb上で続きを楽しむのも良いでしょう。

木下半太 『悪夢のエレベーター』(幻冬舎文庫) 紀伊國屋書店BookWeb

|

« 観劇感想精選(52) 「悪夢のエレベーター」 | トップページ | 神農幸&キダ・タロー 「はじまりは中之島」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木下半太 『悪夢のエレベーター』:

« 観劇感想精選(52) 「悪夢のエレベーター」 | トップページ | 神農幸&キダ・タロー 「はじまりは中之島」 »