« 蠍座の立場は微妙である | トップページ | これまでに観た映画より(36) 「ロボコン」 »

2008年11月14日 (金)

懐かしの歌3 岩崎宏美 「聖母(マドンナ)たちのララバイ」

岩崎宏美が歌う名曲「聖母たちのララバイ」。

異国の戦場を歌った曲のようでありながら、「企業戦士」と呼ばれ、疲れ切った日本の男達を癒す、女性の「母性」的なものを歌い上げた歌でもあります。

しかし、時代は流れ、女性の社会進出が進んだ結果、今では男ばかりでなく、“女もみんな傷を負った戦士”になってしまいました。さて、傷ついた彼女たちを誰が癒せばいいのか。

「芸術」がもっと世の中に浸透して、彼女たちを癒せるような環境が整えばいいとも思うのですが。

|

« 蠍座の立場は微妙である | トップページ | これまでに観た映画より(36) 「ロボコン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/43112078

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの歌3 岩崎宏美 「聖母(マドンナ)たちのララバイ」:

« 蠍座の立場は微妙である | トップページ | これまでに観た映画より(36) 「ロボコン」 »