« 中川右介 『カラヤン帝国興亡史』(幻冬舎新書) | トップページ | 懐かしの歌3 岩崎宏美 「聖母(マドンナ)たちのララバイ」 »

2008年11月13日 (木)

蠍座の立場は微妙である

私もそうなのだが、蠍座生まれの人というのは人生において比較的割を食いやすいのではないだろうか。子供の頃は4月~6月生まれの子に比べると約半年リードされているために能力で劣るが、早生まれの子達のように、特別扱いされるわけでもない。

私が子供の頃は「お受験」などという言葉もなかったし、子供の頃から私立の学校を受ける人もそう多くはなかったけれど、最近のお受験では、早生まれの人のために早生まれ枠というのがあり、4月~6月生まれの人とは別の試験で結果が決まるそうで、「秋生まれの子供がお受験では一番不利」なのだそうな。

日本の星座占いでは「蠍座の人は内省的」ということになっているが(海外ではどうやら違うようである)、これは星座が影響しているのではなく、子供の頃から内省的にならざるを得ないような環境に置かれるからではないかと思うのだが。子供の頃はやはり4月~6月生まれの子供がやはり発育的にリードしているので秋生まれの子は劣等感を覚えやすいし、かといって早生まれの子供達とは「やはり違う」という意識になってしまう。
立場が微妙なのである。

|

« 中川右介 『カラヤン帝国興亡史』(幻冬舎新書) | トップページ | 懐かしの歌3 岩崎宏美 「聖母(マドンナ)たちのララバイ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40048/43107230

この記事へのトラックバック一覧です: 蠍座の立場は微妙である:

« 中川右介 『カラヤン帝国興亡史』(幻冬舎新書) | トップページ | 懐かしの歌3 岩崎宏美 「聖母(マドンナ)たちのララバイ」 »