« 永遠も半ばを過ぎたかも | トップページ | ほっこり »

2009年1月 2日 (金)

京都のお正月は楽しい

京都のお正月は楽しい 下鴨神社の甘酒

正月なのに実家に帰らず京都で過ごしている。京都のお正月は楽しいのである。

神社が多く、それぞれの神社が工夫を凝らしている。上の写真は下鴨神社の甘酒。ちなみにアルコールは入っていない。ノンアルコールのものを酒といっていいのかどうかは疑問であるが、こうしたものが味わえるのである。

それだけなら京都に限らないが、下鴨神社は糺の森の中にあり、境内は広い。ということで、たき火をやっていて、みんなで暖まることが出来る。周りはみな、たまたまその場に居合わせた人だけれど、皆で一緒にいると心が一つになったようで火だけでなく人間の温かみを感じることが出来る。

神楽をやっていて、それを見聞きするのも楽しい。

上賀茂神社に行くと、白馬がいて、餌をやる楽しみがあるし、ここの大根煮は美味しい。

豊臣秀吉を祀る豊国神社(とよくにじんじゃ)は、正月の三が日だけ、国宝の唐門をくぐることが出来る。

これだけ色々な正月行事をやっているのは、日本広しといえど京都だけではないだろうか。

|

« 永遠も半ばを過ぎたかも | トップページ | ほっこり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都のお正月は楽しい:

« 永遠も半ばを過ぎたかも | トップページ | ほっこり »