« ペサパッロという競技がある | トップページ | その男 »

2009年2月 6日 (金)

波打ち際に立ち

寄せては返す波、潤いと渇きの交代、そうして翻弄される私はあたかも波打ち際のようだ。

月に導かれるままに己を空しくし、猛り、おののき、揺れ動く、海は私の血潮。

頑ななまでに色を変えず、緑を青を灰色を拒む浜辺は私の瞳。

溢れる海の儚さよ 波に洗われる浜辺の深さよ。

ここに海は始まり、ここに陸も始まる。ここで海は終わり、ここで陸も尽きる。

そうして引き裂かれる私はどこへも行けずに、ただ、波打ち際に佇むだけだ。

|

« ペサパッロという競技がある | トップページ | その男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波打ち際に立ち:

« ペサパッロという競技がある | トップページ | その男 »