« 観劇感想精選(67) 「冬物語」 | トップページ | コンサートの記(39) 藤岡幸夫指揮 関西フィルハーモニー管弦楽団第201回定期演奏会 »

2009年4月19日 (日)

クラフトワーク 「人間解体」

ドイツのテクノバンド、クラフトワークのアルバム「人間解体」を紹介します。

Img YMOと並び、世界で最も有名なテクノバンド、クラフトワーク。
この「人間解体」は、機械に例えられる人間の労働(第1曲目のタイトルは「ロボット」ですが、ロボットという言葉はチェコ語の「労働」に由来する)、サイバーパンクに代表される人間の体と機械の関係など、時代背景(リリースは1978年)や社会的背景を考えながら聴いても興味深いアルバムです。

繰り返される機械音が思いの外心地良い、ジャーマンテクノポップの代表作です。

クラフトワーク 「人間解体」(HMV) icon

|

« 観劇感想精選(67) 「冬物語」 | トップページ | コンサートの記(39) 藤岡幸夫指揮 関西フィルハーモニー管弦楽団第201回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラフトワーク 「人間解体」:

« 観劇感想精選(67) 「冬物語」 | トップページ | コンサートの記(39) 藤岡幸夫指揮 関西フィルハーモニー管弦楽団第201回定期演奏会 »